スポンサードリンク

メイちゃんの執事 第2話ネタバレあらすじ

メイちゃんの執事 第2話「命をかけて守る!!」

柴田理人(水嶋ヒロ)東雲メイ(榮倉奈々)は、聖ルチア女学園の学園長・ローズ(堀内敬子)のもとを訪れる。2週間の仮入学期間を乗り越えたメイは、正式に聖ルチア女学園への入学を認められたのだ。ローズは、その証として、黄金色に輝くベルをメイに手渡すと、入学祝いとして、ベルの側面にあるくぼみに星(ステラ)と呼ばれる緑色の小さな宝石をひとつはめた。聖ルチア女学園では、お嬢様としてのランクが厳格に定められていた。生徒たちは、学業で優秀な成績を修めたり、お嬢様としての正しい振る舞いが認められたりすれば、星を獲得できる仕組みになっていた。ベルには10個のくぼみがあり、一番下の陰(オンブラ)ランクは緑の星を10個集めれば月(ルナ)ランクに上がる。そこで今度は青い星を10個集めれば太陽(ソーレ)ランクに上がるのだという。ランクが上がるほど星を獲得できる条件が厳しくなるため、多くの生徒は月ランクのまま卒業し、太陽ランクまで上がれるのは100人にひとり程度らしい。

話を終えたローズは、最後に学園の掟をメイに告げた。それは「お嬢様と執事との恋愛は禁止」というものだった。

同じころ、見習い執事として華山リカ(大政絢)に仕えることになった柴田剣人(佐藤健)は、リカや夏目不二子(中別府葵)天羽凛(忽那汐里)らに取り囲まれていた。リカたちは、メイの正体を知りたがっていたのだ。だが、メイが本郷グループの後継者候補であることを口外しないよう理人から口止めされていた剣人は「何も知らない」とシラを切る。そこに、理人とメイが戻ってきた。すると、リカの執事青山(真山明大)が、ナイフを取り出して理人のジャケットを切り裂いた。学園では、執事の服装も仕えている生徒のランクで決められており、陰クラスの執事はジャケットの着用が許されていないのだ。


ある日、メイたちがサロンでくつろいでいると、執事の忍(向井理)に車イスを押されながらルチア(山田優)がやってくる。その際、思わぬ騒動が起きた。リカに何度もお茶の入れ直しを命じられた剣人が怒ってポットを投げつけたため、飛び散ったお茶がルチアの服を汚してしまったのだ。

恥をかかされたリカは、怒りの矛先をメイに向け、聖ルチア女学園の伝統である決闘(デュエロ)を申し込む。デュエロとは、お嬢様の代理として執事同士が戦い、負けた方が相手に自分の執事を差し出す、というものだった。今回のデュエロは、フェンシングで勝敗をつけることになった。だが、理人が闘うことになる相手・青山は、フェンシングのデュエロで過去4戦全勝している元世界ジュニア王者だった。それを知ったメイは、理人の身を案じるがその気持ちを素直に口にすることはできず…。


デュエロの夜。会場には、正装のお嬢様たちが集まっていた。リカは、青山にペンダントを差し出した。それは、リカが母親から譲り受けたもので、青山に何かあるたび預けたものでもあった。

理人と青山は、審判を務める竜恩寺泉(岩佐真悠子)の合図で前に進み出た。そこで青山は、ハンデをなくすために真剣で戦おうと提案する。それならば理人にも勝つ可能性があるというのだ。理人は反対するメイを制し「信じてくれれば必ずその信頼に応える」と告げた。そんな理人にメイは「危ないと思ったら負けてもいい」と声をかけた。


デュエロが始まった。勝負は、青山が圧倒的に優勢だった。唇を噛みしめて戦いを見つめるメイ。その側に、ルチアの代理で出席していた忍が近づき、声援を送らないのかと声をかけた。執事は信じてもらえなければ力を発揮できない、と言うのだ。そのとき、青山の鋭い一撃が理人の服を切り裂いた。メイは追いつめられた理人に向って「勝ってよ!私の執事でいてくれるんでしょ!」と叫んだ。次の瞬間、理人は青山の剣を弾き飛ばした。さらに理人が剣を一閃すると、青山のズボンがストンと落ちた。理人の逆転勝利だった。実は理人は、メイから「勝て」という命令をもらうために、敢えて力を抑えていたのだ。一方、リカは青山の頬を平手打ちすると、剣人に向って「今からあなたが正式な執事よ」と告げて、足早に会場を後にしていた。


メイたちは陰(オンブラ)寮に戻った。理人は、第二執事となった青山に向って、迷惑がかかるから外で寝るよう命じた。さらに理人は「メイの世話は自分ひとりで十分だ」とし、学園には第二執事は不要だと届けるという。つまり青山は、新たに仕えるお嬢様を見つけることができなければ、聖ルチア女学園を追放される可能性もあった。それでも青山は「メイに仕える気はない」と言い張り、寮の外へと出て行った。

同じころ、リカはドライヤーひとつ満足に使うことができない剣人に怒りをぶつけていた。負けずに剣人も「俺は青山じゃねぇ!」とリカに反発していた。


翌日、メイたちが食事をしていると、太陽(ソーレ)ランクの大地由真(臼田あさ美)水沢聡美(ホラン千秋)たちがやってきた。新しい執事に給仕をさせるから食事に招待したい、とリカから伝言があったというのだ。仕組んだのは理人だった。案の定、剣人は突然のことに満足に給仕をすることもできず、食事の席をめちゃめちゃにしてしまう。由真たちは怒り出し、リカを責めた。その危機を救ったのは青山だった。青山は、素早く汚れた食器などを片付けると、料理を用意した。が、太陽生たちは、デュエロの結果を無視してリカの執事のように振舞った青山を非難する。そこに割って入った理人は、剣人が弟であることを太陽生たちに告げると、未熟な剣人に代わって太陽生の世話をするようメイが青山に命じた、と言い出す。「私どもに免じて、どうかこの場はお収めください」。理人からそう言われた太陽生たちは、もはや引き下がるほかなかった。リカは、メイが自分を助けてくれたことに驚いていた。


理人は、青山に戻るよう命じた。その際、ふいに理人は「メイ様に仕えるならそのジャケットは不要だな」と言うと、食事用のナイフをつかんで青山のジャケットを切り裂いた。青山は、ズタズタになったジャケットから、リカのペンダントが入っているポケット部分を拾うと、彼女に手渡して謝った。そのときリカは、ポケットの中に手紙が入っていることに気づく。それはメイが書いたものだった。「青山が仕えるお嬢様は一人しかいないんだって。あんたも強情張ってないで、素直に返してって言いなさいよ、バーカ!東雲メイより」。それを読んだリカは、メイの前まで歩み寄ると「青山を返してほしい」と言って頭を下げた。メイは「執事はひとりで十分」と言ってリカの申し出を快諾した。その一部始終を見ていたローズは、メイとリカのために、緑と青のステラをひとつずつ用意するよう執事の桜庭(鈴木浩介)に命じた。


廊下でメイに出会ったリカは、自分が仕返しをするまで学園から追い出されないように気をつけろ、と憎まれ口を叩いて去っていく。遅れてやってきた青山は、礼の代わりだと言って、理人のことをメイに話した。理人は1年前も学園にいたが、どのお嬢様に誘われても全部断って仕えなかったのだという。「なのに、今はお前に仕えている。あいつにとってお前はそういう存在だってことだ」。青山は、メイにそう告げた。

同じころ、泉は「リカを勝たせろ」という命令に背いた罰として、太陽生たちから、陰への降格を言い渡されていた。それを止めたのは忍だった。ルチアが泉の処分に異議を唱えていると言うのだ。実はそのころ、泉の運命を変えるようなある出来事が起きていた。


青山の言葉を意識してしまい、理人の顔を見ることができないメイは、ひとりで散歩にでかけ、ルチア宮を訪れる。そこでメイは、お嬢様になりたいと思っているわけではないが、理人と一緒なら頑張れるような気がする、とルチアに打ち明けた。するとルチアは「それは錯覚ではないか」と言ってメイに冷たい視線を向け、ふいに本郷家の話を切り出した。やってきた忍は、メイにルチアの本名を告げた。ルチアの本名は本郷詩織――メイ同様、本郷家を継ぐ資格を持つ者だった。

スポンサードリンク
posted by メイちゃんの執事ネタバレあらすじブログ | メイちゃんの執事ネタバレあらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。