スポンサードリンク

メイちゃんの執事 第6話ネタバレあらすじ

メイちゃんの執事 第6話「剣人の大告白!!」

柴田理人(水嶋ヒロ)東雲メイ(榮倉奈々)が抱き合っている写真が教室中に貼りだされた。その写真は、武装集団が麻々原みるく(吉田里琴)を狙った事件のあと、震えていたメイを理人が思わず抱きしめてしまったときのようすを何者かが隠し撮りしたものだった。

写真を見た華山リカ(大政絢)天羽凛(忽那汐里)たちの間に動揺が広がった。聖ルチア女学園では、お嬢様と執事の恋愛が禁止されており、発覚した場合は退学処分になってしまうのだ。柴田剣人(佐藤健)は、何も言わずに貼られていた写真を荒々しくはがして回ると「くだらないことをするな」と理人に掴みかかった。そこに竜恩寺泉(岩佐真悠子)が現れ「事実関係の調査が済むまで理人とメイに謹慎する」と言い渡した。太陽(ソーレ)生の決定だった。


調査の間、理人とメイは引き離され、理人は執事学校の空き部屋、メイは陰(オンブラ)寮の自室でそれぞれ過ごすことになった。さらに、今回の一件がきっかけとなって全生徒の素行調査も行われ、日ごろからその関係が怪しまれていた夏目不二子(中別府葵)とその執事・根津(姜暢雄)も謹慎を命じられてしまう。


ヒマをもてあましていた不二子は、メイの部屋を訪れる。そこで不二子は「禁断の恋に落ちた者同士仲良くしよう」と言い出す。不二子の祖父は、中国マフィアの大ボスだった。その祖父は、不二子をアラブの石油王と結婚させようとしていたが、不二子は根津ひと筋なのだという。不二子は、教室に貼られていた写真を取り出し、メイをからかった。そのようすを見ていた剣人は、急に不機嫌になって部屋を出て行く。そんな剣人の前に姿を現した忍(向井理)は「このままだとメイは理人に奪われてしまう」と言って挑発した。

ほどなく、証拠不十分ということで、メイたちの謹慎処分が解かれる。太陽生の大地由真(臼田あさ美)水沢聡美(ホラン千秋)らは「誤解を招くような行為は慎むように」と、理人と根津に釘を刺した。


そんな折、聖ルチア女学園の各クラスにある通達が出される。それは「クラス内で執事を交換せよ」というものだった。執事との関わり方を見直す目的で、太陽生たちが決めたものだった。それを受け、メイのクラスでもくじ引きで執事を決めることになった。その結果、メイの執事は剣人が務めることになった。不二子の執事は大門(鈴木亮平)になり、根津は山田多美(谷村美月)に仕えることに。そして理人はルチア(山田優)の執事を務めることになった。困惑を隠せないメイ。理人は、そんなメイに「すぐに戻ってくる」と約束した。


聖ルチア女学園では、2週間後に定例舞踏会が開かれることになっていた。この舞踏会は、お嬢様と執事の信頼が試される舞台であり、最優秀ペアには星(ステラ)5個が進呈されるのだ。メイのクラスでも、それぞれが練習を続けていた。しかし、パートナーとなる執事が違うせいもあって、どのペアもぎこちなかった。その中でただひと組、優雅なダンスを見せたのは、ルチアと理人のペアだった。メイは、ふたりの姿を複雑な心境で見つめ…。

その夜、メイは、剣人をともなって仲本家を訪れる。夏美(星井七瀬)は、メイと剣人が同じ部屋で過ごすことになったと知り、動揺する。美冬(北川弘美)は、酔った勢いで「学園一のお嬢様と理人が一緒に過ごしたら間違いが起こる」などと言い出し、メイを不安にさせた。


仲本家を後にしたメイと剣人は陰寮に戻る。メイのことが気になって眠れないでいた剣人は、不審な物音に気づいて部屋を出た。するとそこには、酔ってだらしなく座り込んでいる根津の姿があった。頑張って男を見せないと理人に負けてしまう、と剣人をからかう根津。そのまま眠ってしまった根津は、ポツリと不二子の名前を呟いた。

メイは、剣人とダンスの練習をしている間も、理人のことを気にしていた。忍や根津の言葉を思い出した剣人は、そんなメイを強引に引き寄せようとした。その真剣な表情に驚き、慌てて離れようとしてバランスを崩すメイ。それを助けたのは理人だった。メイを間に挟んで、理人と剣人の視線がぶつかった。


別の日、メイと剣人は、根津ともめていた不二子が彼を平手打ちするところを見てしまう。走り去った不二子を追いかけるメイ。不二子は、そんなメイに「お嬢様と執事の恋愛が禁止になったのは学園創立後すぐのことらしい」と話す。恋に落ちてしまったお嬢様と執事がいたからなのだと言う。そして学園のどこかには、ふたりがデートした小屋があるらしい。いつの間にかそこに現れた多美は、古びた本を取り出し、その小屋――時間(とき)のない館について書かれた部分を朗読する。


『夜が降りてくる少し前 宴を抜けて森の奥 時間のない館を訪れて 二人は永久に結ばれん』


本に書かれている宴とは舞踏会のことで、その日の夜に時間のない館までたどり着くことができれば、ふたりは永遠に結ばれる、という言い伝えがあるのだ。「行ってみたいよ、時間のない館…」。不二子は、そう呟いた。

戻ろうとするメイの前に現れた忍は「本郷家を継ぐという意味がわかっているか」と問いかけた。それは、巨大な権力と財産を継ぐことであり、婚姻さえも政略的なものになる、とメイに言う忍。続けて忍は「理人の使命は、メイを本郷家に相応しい淑女へと導くことだけだ」と告げた。


夜、メイは、剣人に手伝わせててうどんを打つ。いつもの調子で剣人と話しているうちに、ふと「自分が本郷家の人間じゃなかったら今頃どうしていたかな」と言い出すメイ。剣人は、そんなメイに「戻ればいいのに戻らないのは理人がいるからだろう」と言うと、遂に想いを告白してしまう。剣人の言葉に驚いたメイは、その場に立ち尽くして動けなかった。ドアの前では、理人がふたりの話を聞いていた。部屋を出た剣人は、理人に気づくが、何も言わず外へと出て行く――。


舞踏会の日。泉はクラスの皆に、会場に向うよう指示した。渋々立ち上がり、向おうとするお嬢様たち。その様子を見ていた剣人は「もうこんなことは止めよう」と皆に告げた。そこに由真や聡美ら太陽生たちがやってきた。その前に歩み寄り、改めて執事入れ替えを止めようと提案する剣人。「お互い信頼して、相手のこと大事に想ってるから一緒にいられるんじゃねえか!」。剣人の言葉に動かされ、根津が、続いて青山(真山明大)らも本来自分が仕えるべきお嬢様の元へと戻った。他のクラスからやってきたお嬢様や執事たちもその動きに賛同した。泉は「これが生徒の総意だ」と由真たちに告げた。取り囲まれた太陽生たちは、何も返すことができなかった。喜び合う生徒と執事たち。メイは、涙を浮かべながら剣人のことを見つめていた。と、そのとき、メイは教室の陰から手招きする多美の姿に気づく。


理人は、ルチア宮を後にして、メイのもとへと急いでいた。

メイは、多美の案内で「理人が待っている」という場所へと向っていた。その際、多美は、執事入れ替えの間、理人が徹夜で陰寮を見張っていたことをメイに告げた。

メイが案内されたのは、あの『時間のない館』だった。だが、そこにいたのは理人ではなく剣人だった。「あの詩の本当の意味、教えたろか。ふたりが永久に結ばれるのは天国なんやで…」。多美は、そう言うと今まで見せたことがない表情でメイたちを見据えてこう告げた。「すべてはルチア様のため」と――。

スポンサードリンク
posted by メイちゃんの執事ネタバレあらすじブログ | メイちゃんの執事ネタバレあらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。