スポンサードリンク

メイちゃんの執事 第9話ネタバレあらすじ

メイちゃんの執事 第9話「死なないで、理人」

柴田理人(水嶋ヒロ)は、弟の剣人(佐藤健)から、東雲メイ(榮倉奈々)を賭けた勝負を挑まれる。剣人と壮絶な殴り合いを繰り広げる中で迷いを吹っ切った理人は、ボロボロになりながらも立ち上がり、もう2度と側を離れない、とメイに約束した――。

陰(オンブラ)寮に戻ったメイは、理人の傷を手当する。消毒薬がしみ、顔をしかめる理人。慌てるメイに、理人は「大丈夫です」と言って微笑んだ。メイは、その笑顔にドキリとして…。

理人同様、剣人も体中に傷を負っていた。華山リカ(大政絢)やリカの執事・青山(真山明大)から大げさな手当てを受けた剣人は、包帯だらけの姿で現れて皆を驚かせた。メイは、そんな剣人の姿を複雑な思いで見つめていた。


同じころ、ルチア宮では、ルチアの執事・忍(向井理)山田多美(谷村美月)が対峙していた。多美は、忍を非難するかのように「これからどうするつもりなのか」と問いかけた。しかし忍は、何も言わずにただ微笑むだけだった。

そのとき、ルチア(山田優)の寝室で大きな物音がした。忍たちが駆けつけると、床には割れたグラスや花瓶が散乱していた。ルチアは「理人はどこにいるのか」とヒステリックに叫ぶと、心配して駆け寄った多美を突き飛ばした。転んだ拍子に、割れたガラスで手を切ってしまう多美。ルチアは、それを気にも止めず、メイを徹底的に苦しめるよう忍に命じた。


あくる日、メイは剣人を呼び出し、彼に礼を言おうとした。剣人は、そんなメイの気持ちを察して普段通りに接すると「まだお前のことは諦めていない」と告げる。理人と勝負を付けた上で、メイに選んでもらわなければ意味がない、というのだ。するとそこに、慌てたようすで竜恩寺泉(岩佐真悠子)たちがやってくる。クラスメイトの上村香織(菊里ひかり)中野ゆう子(秋山多奈)たちが散歩中に不審な男たちに襲われそうになったというのだ。さらに、松城ひかる(中村知世)の実家にトラックが突っ込むという事件や、竹ノ宮奈央(小嶋陽奈)の一族が経営する国内最大手の電機メーカーが買収騒動に巻き込まれるという騒動まで起きていた。天羽凛(忽那汐里)麻々原みるく(吉田里琴)らは、一連の出来事はすべてルチアの仕業だと疑うが、証拠はなかった。


そんな中、メイの前に本郷家の双子執事・右近(高木万平)左近(高木心平)が現れる。ふたりは、本郷金太郎(津川雅彦)に命じられてメイを呼びにきたのだという。メイは、理人と共に金太郎の私邸を訪れた。するとそこには、ルチア=詩織と忍の姿もあった。その席で金太郎は、メイではなく詩織を本郷家の後継者に指名する。さらに金太郎は、アメリカで行われる後継者発表のセレモニーに詩織と共に行くよう理人に命じた。


突然のことに、メイは大きなショックを受けていた。そこに多美が現れた。後継者争いに負けたメイを笑いにきたのだという。メイは、そんな多美に「ルチアが恩人であることを剣人から聞いた」と返した。そのときメイは、多美の手に包帯が巻かれていることに気づく。が、多美は「関係ない」と言い残して不機嫌そうに出て行ってしまう。廊下に立っていた多美の執事・神田(阿部進之介)は「メイが嫌なヤツなら良かった」と思っている多美の心を読んでいた。神田は「人を傷つける者は、いずれ自分も傷つけられる」という、二人が育った施設の園長の言葉を改めて多美に聞かせるが…。


ルチアは、今まで仕えてくれた忍に「何か望むことはないか」と尋ねた。「本郷家の後継者として、何でも望みを叶えてあげる」と。しかし忍は「ルチアの側で満たされていたから」と言って何も望まなかった。それを聞いたルチアは、微笑んでこう言った。「ありがとう。でも、もうすぐお別れね」と…。

ルチアが本郷家の後継者になったことを知った泉たちは動揺していた。リカや夏目不二子(中別府葵)らは「理人と駆け落ちすればいい」とメイに助言した。また、別室では青山ら執事たちも「このままでいいのか」と理人に問いかけた。すると理人は「メイが立ち上がるのを待つ」と答えた。


聖ルチア女学園の学園長のローズ(堀内敬子)を探していたメイの前にルチアが現れた。ルチアは、メイの両親の骨を同じ墓に入れるという約束を反故にすることを告げ、メイへの憎しみをあらわにする。さらにルチアは、ローズがメイの父親の婚約者だったことをメイに告げた。理人は、ショックを受けているメイを、寮に連れ戻った。

メイは「学園に戻ってきた意味がなかった」と苛立つ。もうどうでもいい、と叫んで聖ルチア女学園の生徒の証であるベルを投げつけるメイ。理人は、そんなメイを平手打ちした。メイは、涙をこらえて部屋を飛び出し…。

メイがいなくなったことを知った剣人や泉たちは、彼女の行方を追った。が、メイはどこにもいなかった。


理人は、ルチアの元を訪れた。そこで理人は「自分の心は、今も、これからもメイと共にある」とルチアに告げる。ルチアは、メイが逃げたことを嘲った。そんなルチアに、理人は「自分の苦しみから逃げるために、人を傷つけ心を踏みにじったのはあなただ」と言い放つ。

理人は、ローズに会い、メイが両親とローズの関係を知ってしまったことを報告する。実はローズは四国のうどん店の娘で、中学生のころ金太郎に見初められてメイの父である周太郎の婚約者候補になったのだという。メイは今、試されている――ローズはそう言うと、理人にあるものを託した。


あくる朝、剣人の前に、右近と左近がやってきた。金太郎の使いできたのだという。ノートPCを介して剣人に話し始めた金太郎は「Sランク執事を目指してイギリスに留学しろ」と命じた。金太郎だけでなく、執事協会の人間である右近と左近も、剣人の執事としての才能を認めているというのだ。金太郎は「メイには求めるものを戦ってでも掴み取ろうとする覚悟が足りない」と剣人に告げた。

「お前はどうだ?メイの心を掴むために、兄・理人を越える覚悟があるか?」

金太郎は、そう剣人に告げた。


そのころメイは、ある山にいた。そこは、メイの両親が亡くなる前、最後に一緒に遊び来た思い出の場所だった。そこに現れた理人は、ローズから託された封筒をメイに手渡して去っていく。その手紙には、本郷家とのつながりを知ったときのメイを案じる、両親の思いが綴られていた。

「自分にとって大切なものは何か…それがわかれば、どのような覚悟を持つべきか、答えはきっと出るはず。その答えが出たときは、勇気を出して戦いなさい」

メイの目から涙があふれた。

理人の後を追ったメイは、戦う決意を伝えた。理人は、そんなメイの手を掴んで自分の胸に当てると、以前メイに言った言葉を繰り返した。「それでは私は、メイ様が戦うための剣に、メイ様を守るための盾になりましょう」と――。


学園に戻ったメイは、理人を賭けた決闘(デュエロ)をルチアに申し込んだ。理人がその結果に従うことを確認したルチアは「もし自分が負けたら、理人を諦めるのはもちろん、本郷家の後継者の座を辞退し、ルチアの称号も返して学園から去る」と言い出す。その代わり「自分が勝ったときは、メイだけでなく、泉やリカらクラスメイト全員に学園から去ってもらう」と続けるルチア。それを聞いた泉たちは、ルチアの出した条件を受け、メイを応援すると宣言する。が、次の瞬間、多美が放ったボーガンの矢が理人の腹部に突き刺さり…。

スポンサードリンク
posted by メイちゃんの執事ネタバレあらすじブログ | メイちゃんの執事ネタバレあらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。